でふぉしすNo.104、カラカラちゃんです。

104

wikiページ

原始人的歌姫。

アイドル歌手になるのが夢でいつもお気に入りの骨をマイク代わりに歌っている。
結構歌はうまいほうでガラガラのライブにゲストでたまに出演することも。
オリジナルの歌詞は「ウンバボ」とか「ウホウホ」とかだいぶ原始人的な歌詞が多い。

というよくわからん設定の子です、たぶん姉のガラガラの設定を少し引きずったんでしょう。
ちなみに姉はギタリスト。

死んだ母親の骨を被っている設定ですが、タマゴから生まれても普通に被ってるし親も全然生きてるという点がよく指摘されてますね。
初代だけの設定かと思いきや普通に最近の図鑑説明でも死に別れた母親の骨ということになってるみたいです、どういうことだ?

一度フレンド対戦でカラカラを出されたことがあります、というかその時は相手のPT全部進化前ポケモンでした。
ダブルだったんですけども、トリックルームをうっかり許してしまったがために負けてしまいました。

ちなみにこっちはロケット団パ、メンツはニャース、アーボック、マタドガス、モロバレル。
進化前のポケモンたちにボコボコにされるあたりロケット団っぽくていいですね、よかねえや。

それで種族値とか見てみましたけど、防御が高い以外は普通に進化前のポケモンのステータスですね。
それでもなかなかの火力を出すあたり、ふといホネの恩恵は高いということでしょうか。
マタドガスが残ってればな…

カラカラといえば優藤聖代のカラカラが有名でしょうか、以前無印風ラングレーちゃんを描くのに下地にさせてもらった優藤聖代です。
ピカチュウの電気技を食らってあえなくダウンした謎のカラカラですね。

まあアニメの初期のころはイワークとかイシツブテにも電撃くらわしてましたし…その辺の設定があまあまだったんでしょうね。
ちなみに優藤聖代はサトシが鼻の下を伸ばした珍しいキャラとか、セレナにキスされてもほぼ動じなかったくせに…

カラカラってゲームとかでも悲しげな設定ですけど、聖代のカラカラはピカチュウ相手に嘲笑ったりと結構悪そうな性格してましたね。
その割に負けて泣いちゃったりね、子供みたいでかわいいですね。

被ってる骨をひっくり返す戦法にも驚いたな…そういえばあの骨の中もいまだに謎ですね。
ガルーラの子供説もありましたか、なにやらSMでカラカラが助けを呼ぶとガルーラが出てくることがあるとか…いやそんな馬鹿な。
じゃあガラガラは何なんだよってことになってしまいますからねえ…