でふぉしすNo.003、フシギバナさんです。
フシギダネちゃんとフシギソウちゃんのお姉さんですね。

003
 
wikiページ

和服の似合うお姉さんで、お茶の先生をしております。
だいぶのんびりした性格で、正座は足がしびれてうごけなくなるまでしてたり。
あとお茶の先生とはいいつつ、お茶の味とかはよくわかってない上に、目的はお茶菓子、みたいな結構抜けてるところが多いお人。

きっちりと着こんでいるからわかりにくいけど、グラマラスな体型をしてる…というかお茶菓子の食べ過ぎでちょっともっちりしてるかもしれないですね。
妹たちのことは大事だけど、接し方がよくわかってなかったりする感じです。

以前は着物の描き方がよくわからんで、変なことになってたりもしてました、フシギバナさんについても一度リドロをしておりまして、下の奴がリドロする前のやつですね。

128ギバナ
 
…まあ今見ても違和感ある。
頭ぺっちゃんこになってるのはまあ置いといて。
当時の自分にとって和服+正座っていうのが難しかったのかもしれないですね。

ああでも髪形とか頭の花の位置とか細かい修正はしてるんですよ。
帯の柄とかも追加してたりね。

リドロはこういう感じでイメチェンを挟むこともありますし、ただポーズだけ変えることもあります、それはもう気分で決まるとしか言えないですけど。

個人的にはリドロした後のほうがずっとかわいく描けたと思ってます、ていうか一応ごくごくわずか少しずつ絵の腕が上がってるので(自分で言うことでもないかもしれないけど)過去に描いた絵を今の腕でリドロしたい、と思うのはもう仕方ないことなんですよね。
それこそ時間が無限に与えられるなら、一定の時期より前に描いた全員をリドロしたいくらいです、まあそんな時間もモチベーションもないですけどね!