でふぉしすNo.734、ヤングースちゃんです。

734

wikiページ

手下口調の正義の味方。

マッスグマのことをオヤビンと慕ってついている子供、顔つきは厳ついが心は正義にあふれていて人の役に立ちたいという思いが強い。
「オヤビン」をはじめ「俺っち」やら「ヤンス」やら賊の手下みたいな口調が特徴的、小物っぽく見られがちだが根は本当にいい子。
一方でいつも悪さばかりするオヤビンの妹に関しては敵対視してる節がある、やけに頭の回転がいいので口喧嘩なら負け知らず。

顔が怖いヤングースちゃん、最近流行りのギザ歯ですよギザ歯。
手下口調はヤングース→ヤンスから、手下口調だけど中身はいい子っていうのがギャップ?マッスグマとの関連性は見た目が似てるからとかそんな適当な感じです。

第7世代序盤ノーマルのヤングース、名前からしてマングースが元ネタでしょう、ザングースも合わせるとこれでマングースモデルは2体目ということになりますか。
マングースといえばハブとマングースの話ですがザングースに対してハブネークというライバルが既にいるのでこちらには特にそういった関係性のポケモンはいませんね。

序盤ノーマルとして見ると攻撃力が結構高いですかね、ツツケラには劣りますが攻撃種族値70となかなかの数値。
とはいえまあ技がそんなに強くないので苦戦することはないと思います、がんじょうあごの個体の場合かみつくが打点上がるくらいかしら。

ノーマルタイプのポケモンなので序盤で登場するノーマル使いのイリマさんが使用してきたリしますか、イリマの試練においてもしげみのどうくつで何度か対峙しますね。
その際出てくる1匹目の鳴き声は「ざこちゃーう!」でありその上本来覚えてないはずの技まで覚えてるという始末らしいです、確かにただの雑魚じゃない。

一族専用特性のはりこみは相手が交換をしてくる場合交換先の相手に対してダメージが上がるというシロモノ、おいうちに似てるような気もするけど若干違う、ちなみにこれボルチェンやとぼなどを使われた際にも効果を発揮するようです。
ただバトルで使用する際は安定感がないのでがんじょうあごや夢特性のてきおうりょくのほうが安定してダメージを稼げるかと。

なお進化系のデカグースもろとも某国の大統領に似ていると発表直後から話題に、実際かなり顔つきが似ていると思います、特にデカグース。