絵は普通に過去絵。

シノマスジャージ日影


今回はシノビマスター閃乱カグラ NEW LINK について。
シノマスについての基本的な情報は省いて今回主に書きたいのはこのゲームにおける日影ちゃんについての内容になります。

さて、年明け早々からシノマスにおいて忍転身の日影と詠が登場し、これにて恒常でSSRの存在するシノビ少女全員に忍転身SSRが実装されたことになります。
現時点で忍転身SSRが存在しないのは奈落、神楽と月閃姉妹とゲストキャラのあやねのみになるはずです。

シノマス自体はつい先日1周年を迎えたばかりではありますがキャラ格差がひどくて初期からいるのにいまだに恒常SSRが水着のみというキャラまで存在する始末、一応Wedding2018やXmas2018など全員登場のSSRでは追加されたりもしてはいますが…
一方で雪泉や夜桜などの人気キャラはことあるごとにSSR化している印象があり、日影ちゃんもその1人、名前の挙がった3人は特にハーフアニバの際に行われた人気投票でトップ3でした。

そんなわけで雲雀や柳生や美野里を差し置いて日影ちゃんはSSRがめちゃくちゃ多い、恒常だけで5枚、限定を含めるとなんと9枚!日影ちゃん好きとしては全部集めてるのが当然…といいたいところですが夏コーデだけ未入手というのが現状、つらい。
さらに言えばいつの間にか消えた闘技場イベントで入手できるSSRもあるので単純にSSRのカードだけ数えれば10枚、配布含めた雪泉もたぶん同様のカード数になるはず、とにかく多い。

とまあ贔屓状況に対する文句はともかくとして今回検証してみたいのはそれぞれの日影ちゃんのステータスと能力の比較です、比較したうえでそれぞれの強みと弱みを見ていけたらと思います。
とりあえずそれぞれのステータスをリストアップしてみましょう。


カード名属性体力攻撃力防御力素早さ
セクシーメイド27351815880 277
夏コーデ27401825880 278
爆乳祭 31002700900283
黒女医27001830860 270
Wedding2018 28701925900 272
忍転身29502250869 280
水着☆30202275919286
カーニバルズ☆26001650834270
Xmas201831202240895275
キュートチア28201875910282


リストアップしてみると陰属性と陽属性のカードが多いのに対して閃属性については最初期からある水着とイベント入手のカーニバルズのみという形に落ち着いているようですね、絢と繚については最近登場した属性だというのに両属性ともカードが存在しているというのはすごい。
ちなみにカード名が太字なのが期間限定カード、☆がついてるのが閃乱覚醒のできるカードとなっています、一般的には限定や覚醒したほうが協力というのは他のソシャゲなどでも言えることでしょう。

ステータスの数値の色については上位3つは赤で下位3つは青に塗っています、さらに太字はトップとワースト、配布カードであるカーニバルズは別枠で水色。
水着の閃乱覚醒と爆乳祭がどのステータスも高い一方で忍転身はあまりステータスが高くないどころか防御力については下から2番目という数値。
また恒常カードはやはりどれも高くない数値になっているものの、割と最近登場したキュートチアについてはそこそこに高い数値を持っているようです。

数値だけで見ると水着と爆乳祭が強いように見えます、一方で黒女医なんかは体力と防御力と素早さがワーストであるにもかかわらず攻撃力も低い…
とはいえこのゲームにおいては忍法と秘伝忍法の能力、さらにパッシブスキルが強いかどうかというのも強さにかかわってくるので一概に数値だけで強い弱いを判断することはできません。

というわけで今度はそれぞれの忍法、秘伝忍法、パッシブスキルを比べてみます。
まず忍法から。


カード名クールタイム威力範囲追加効果
セクシーメイドダメージ敵2体2ターン味方全体の素早さ10%アップ
夏コーデ大ダメージ敵2体なし
爆乳祭 ダメージ敵3体なし
黒女医ダメージ敵2体中確率で毒付与
Wedding2018 ダメージ敵3体なし
忍転身ダメージ敵全体まれに麻痺付与
水着大ダメージ敵2体3ターン自身の素早さ30%アップ
カーニバルズ☆ダメージ敵3体なし
Xmas2018ダメージ敵3体2ターン攻撃力50%ダウン付与
キュートチアダメージ敵4体なし


一般的に威力が高かったり攻撃範囲が広かったりすれば強い忍法であると思います、ただ強いものはクールタイムが長くて複数回発動するのに時間がかかったりするわけですが。
もちろん追加効果も重要な素材、例えば水着の忍法は範囲が2体と少なめですが効果のおかげで行動回数が増えるため単純に打点を稼げるほか忍法や秘伝忍法のゲージが溜めやすいです。

セクシーメイドの忍法は味方全体の素早さを上げられるため闘技場なんかで活躍しますね、Xmas2018なんかも相手の攻撃力を下げる効果があるので闘技場などの長期戦で活躍しそうです。

敵全体に攻撃をしつつまれに麻痺を付与させる忍転身の忍法なんかはかなり強力なものであるといえましょう、強力な能力を有しているがゆえにステータスは控えめになってるってことなんでしょうかね。
なお「中確率」とか「まれに」とかについては正確な確率は不明です、「低確率」っていうのもあるから「まれに」ってのはさらに確立が低いってことかな?

続いて秘伝忍法。


カード名コスト威力範囲追加効果
セクシーメイド大ダメージ敵全体なし
夏コーデ大ダメージ敵3体2ターン味方の被ダメージ量50%減
爆乳祭 極大ダメージ敵1体3ターン防御力50%ダウン付与
黒女医大ダメージ敵3体中確率で毒付与
Wedding2018 大ダメージ敵全体敵のステータスアップ解除
忍転身大ダメージ敵3体2ターン攻撃力50%ダウン付与
水着極大ダメージ敵1体毒付与
カーニバルズ☆絶大ダメージ敵1体高確率で毒付与
Xmas2018中ダメージ敵3体3ターン防御力50%ダウン付与
キュートチア特大ダメージ敵2体高確率で麻痺付与


忍法と比べて威力に差がありますね、特大とか絶大とか極大とかどれが強いのか分かりにくいですが、たぶん「極大>絶大>特大>大>中」の順番だと思います。

どれも様々な効果を持っていますが確立で麻痺を付与するキュートチアや相手の防御を下げるXmas2018あたり強そうな気がします。
同様に防御を下げる効果を持つ爆乳祭は範囲が狭く火力が高いのでむしろその攻撃でKOしてしまいそうなものですからね、これは妖魔戦に特化した効果みたいなものですし。

忍転身の秘伝忍法は敵3体に攻撃力50%減、さらにこの秘伝忍法のいいところはコストが小のところでしょうか、素早く撃てて相手の火力を削げるので使い勝手がよさそうです。
Wedding2018や夏コーデはサポートに向いた効果な一方で水着や爆乳祭はとにかく殺傷能力が高いので狙い撃ちに使いやすいですね、Wedding2018はさらにこれ敵全体を範囲に取るので単純に強い、セクシーメイドの秘伝忍法と比べると上位互換とも言えますか。

最後はパッシブスキル。


カード名パッシブスキル1パッシブスキル2
セクシーメイド凍結無効
夏コーデ不屈※
爆乳祭 妖魔キラー※体力100%時攻撃力30%アップ
黒女医陽キラー※
Wedding2018 通常攻撃時まれに毒付与毎ターンごとに体力微回復
忍転身通常攻撃時まれに麻痺付与攻撃するたびに攻撃力20%アップ、最大100%アップ
水着敵が2体以下の場合攻撃力30%アップ通常攻撃時稀に毒付与
カーニバルズ☆敵が3体以上の場合攻撃力30%アップ通常攻撃時稀に毒付与
Xmas2018通常攻撃時稀に毒付与麻痺中確率無効
キュートチア通常攻撃時まれに麻痺付与


※不屈・・・体力がなくなった時に1度だけ中確率で体力50%の状態で復活する。
※キラー・・・特定の対象に対して攻撃力が上がる。

パッシブスキルは2つついてるものと1つだけのものがあります、基本的には閃乱覚醒したものや期間限定のものに2つついてるという感じですね。
毒蛇のイメージの強い日影ちゃんゆえにか毒を付与するパッシブスキルが多い、というか忍法や秘伝忍法でも毒を付与するものが多いですね。
一方で通常攻撃に麻痺を絡ませてくるパッシブスキルはめちゃくちゃ強い、キュートチアはそれだけですが忍転身はさらに攻撃するたびに火力が上がるというおまけつき、そりゃステータス低く見積もられても仕方ないわ。

また敵の数を見るパッシブスキルは状況が限られてしまうため使いにくい場合が多いです、同様に爆乳祭なんかは闘技場で使う場合一回でも攻撃をもらえばパッシブスキルなしと同じ状態になってしまうのでやはり妖魔戦向けのカードとして作られてるのがわかりますね。
不屈はもちろん強いパッシブスキルですが夏コーデの場合は元々のステータスが高くなく忍法の効果も特にないので不屈が発動しなかった場合が悲惨。

陽キラーや凍結無効も相手によっては意味をなさないところもありますが、相手がわかってる場合はかなり有利に動けるようになる可能性もあるので時と場合によるといったところでしょうか。
通常攻撃に状態異常が付与されつつさらに時と場合を選ばない追加効果も持っている忍転身およびWedding2018は強力なパッシブスキルの持ち主といって過言ではないでしょう。

・・・

以上を踏まえるとやはり限定カードはどれも強力なのがわかります、特に忍転身は行動するたびに相手にプレッシャーを与えていくというまさに狂気そのもの、打たれ弱いのを補ってあげられればもっと使いやすくなることでしょう。
Wedding2018やXmas2018はサポーターとして強い印象、爆乳祭は徹底して妖魔戦に特化してる感じですね。

水着以外の恒常カードの中では味方全体素早さアップをもつセクシーメイドが頭一つ抜けてるでしょうか、黒女医と夏コーデは同属性に強力なカードがいるため若干肩身が狭い気もします。
特に黒女医なんですが、ステータスも低く忍法秘伝忍法共に毒付与のみ、さらにパッシブスキルは対象が限られるとさんざんな状態、もちろん相手が陽属性ならば十分に活躍はしてくれるんですがそれ以外の場合使い勝手は悪い方といえるでしょう。

ただし最近追加された秘伝忍法書というのを使えば能力を上昇させることも可能になるため弱いカードでも底力を伸ばすことはできる様子。
ただこの機能幸運をあげたり同名カードを要求してきたりとやり込み要素的な部分が強すぎるため自分はいまだにノータッチです、デレステのポテンシャルみたいにキャラクターごとに全体能力を伸ばすようなシステムならなあ…

リーダースキルについては大抵属性ごとにステータスアップや所属ごとにステータスアップというのが強いので今回比較はしませんでしたが、日影ちゃんでリーダー運用するとなると強いのはWedding2018、爆乳祭、忍転身、Xmas2018の4枚でしょう。
Wedding2018とXmas2018が焔紅蓮隊の体力攻撃力30%アップ、忍転身が陽属性の体力攻撃力30%アップ、そして爆乳祭が陰属性の攻撃力70%アップ。

Wedding2018とXmas2018は焔紅蓮隊で染める場合にリーダー運用が可能、忍転身は陽属性で染める場合にという感じですが他のキャラクターに2属性体力攻撃力30アップのものがいるので若干劣ってしまいます。
爆乳祭は脅威の攻撃力70%アップですが体力が上がらないため非常に打たれ弱い、サクッと終わる忍務ならまだしも闘技場などになるとチーム編成によってはむしろぼこぼこにされることもあります。

強いカードでも苦手な部分は持ち合わせてるので、その当たりを他のカードで補えるといいんですけどね、そのためには色々なカードを持っていないといけないわけで、そうなるとやっぱりガチャを回さないといけなくなるわけで…
ま、結局ガチャゲーであることに変わりはないですね、自分は普段闘技場で使えるかどうかを主に見てる部分があるんですが最近の闘技場は有利属性があったりするのでこれまた一筋縄ではいかないのが現状、爆乳祭日影をリーダーとして使いたかったら異常に速くて忍法で敵5体に攻撃できる陰属性の爆乳祭両奈がほしい、ていうか普通に両奈ちゃん好きだし爆乳祭の衣装たまらんからほしい…

以上、シノマスにおける日影ちゃんの考察でした、なお現在開催中のガチャにて日影ちゃんの忍転身が入手できるので皆さん回しましょう、オレは120連で出ました、課金額は秘密です。
ていうか前もガチャが課金ガチャのみになってたりしてたけど、今存在してるガチャから排出される恒常カードが焔紅蓮隊のみというのもなかなかわけわからん状態やな…恒常のみ出るレギュラーガチャみたいなのを常設したほうがいいんじゃないのか?