でふぉしすNo.732、ケララッパちゃんです。

732

wikiページ

真面目なトランぺッター。

吹奏楽部に所属している少女で担当はトランペット、とてもまじめな性格でトランペットパートのパートリーダーも務めている。
真面目ゆえ周囲への注意も怠らない、一方で屁理屈にやたら弱く支離滅裂でも理屈っぽく説明されると言い負かされることも多い。
序列にも厳しくて上級生や先生の言うことは基本的にはしっかりと聞く、ただしおかしいと思ったり敬ってない相手に対してはしっかり意見していく。

特にひねりもなしにラッパを吹くケララッパちゃんです、吹奏楽部ということで学生、たぶん中学生くらいでしょう。
wikiのほうの友達関係にチリーンがいますがチリーンのほうは高校生くらいのイメージなので年上になりますか、たぶん中身はケララッパちゃんのほうがよっぽどしっかりしてると思いますけど。

吹奏楽部という設定が出てきたのでペラップさんを顧問につけてみました、ただしあの人あくまで教師であり音楽家ではないので指揮などはしないです、あくまで顧問。

という感じで久々のでふぉしす更新、本当に久々ですね、いややっと更新できた。
ケララッパちゃんのデザインは既にできていたのでやっとこさ絵にすることができて一安心です、だいぶ間が開いたので過去のイラストとテイストが変わってしまってるところも多々あるとは思いますけど見逃してやってください。

ラッパぐちポケモンのケララッパはツツケラの進化系ですね、序盤鳥の中間形態であるものの進化系のドデカバシとはまた違った個性を持ったポケモンといってもいいでしょうか。
ラッパぐちというだけあっていろんな音で鳴くことができるらしいですが、ステータス的には音系の技で戦うよりもつついたりした方が強い物理寄りのポケモン、コロトックもそうですけど楽器系という個性が生かされてないな。
ただまあケララッパの場合は中間形態ですし最終的にはラッパの要素もなくなるのであんまり問題ではないと思いますけど、むしろなんでこいつだけそんな面白個性ついてるのか謎なレベル。

そこそこ高い攻撃力と特性スキルリンクから繰り出してくるみだれづきやタネマシンガンが脅威、終盤に登場する野生の個体は普通にタネマシンガン使ってくることもあるので油断して蜂の巣にならないように注意したいところですね。
つってもそこまで行く頃にはもう十二分に手持ちが整ってると思うのでケララッパなんかに引けを取ることはないと思いますけど。

ドデカバシと比べると微妙に素早さが高い、もし仮にバトルで使用する場合ハチマキなどで打点を補いつつタネマシンガンやロックブラストをぶちまけていく型が考えられるでしょうか、おとなしくドデカバシ使った方が無難な気はする。
夢特性はツツケラ同様ものひろい、シナリオで使えるかといわれると夢特性という関係上捕まえにくいのでおとなしくアローラニャースとか使った方が楽ちんですね。

SM発売に際して発売前に8割くらいのポケモンが発表されていたという印象の第7世代ですが、地味にケララッパおよびドデカバシは発売まで公式からの発表がなかったポケモンでした。
なので最初にケララッパを見た時はこのまま楽器系の進化を遂げるものだと思ってたんですけどね、そうはいかなかったですね、残念。

アニメでは早い段階で登場したものの特に目立った活躍はしてないです、というか最近SM編の録画を溜めまくってるから最近の流れがわかってない、見とかないとですね。