でふぉしすNo.710、バケッチャちゃんです。

710

wikiページ

いつでもハロウィン。

ドロワーズがお気に入りでいつも履いている、下着の上から履いているから見られても恥ずかしくないらしい。
ハロウィンと言うイベントが好きなようでハロウィンでなくてもお菓子をたかりに近所を練り歩く、可愛らしいため結構お菓子はもらえる様子。
血縁だからか無口で無表情なパンプジンの言いたいことがわかるという特技がある、ただパンプジン自体それに反応するでもないため本当かどうかは不明。

とりあえずカボチャモチーフのポケモンなのでカボチャパンツを履かせようと言うくらいのことしか考えてなかった子です、なもんでキャラクターが薄い。
この子を描く以前からいたヒトモシちゃんがそこはかとなくハロウィン感のある子だったので2人そろってハロウィンみたいなイメージになってたりします。

さてバケッチャ、カボチャのような見た目をしたポケモンとは言いますがよく見なくてもあんまりカボチャっぽくない、いわゆる食用の南京瓜とはまた違う感じですね。
ジャックオーランタンとかそういう類のカボチャでしょう、ゴースト複合だったり専用技のハロウィンなどからして完全にそっちイメージだと思います。

地味に姿に違いのあるポケモンですが、その種類がちいさいサイズからとくだいサイズまでの4種類、つまり大きさのみとなっています。
大きさ以外に見た目は変わらないのでフォルムごとにコレクションしている自分もふつうのサイズしか保存してません、ただフォルムごとに性能に差が出てくるためパンプジンをバトルで使用する際はサイズが重要になってくることもありますが。

また、とくだいサイズのみ鳴き声が野太くなるのも特徴ですね、そんなところで差別化するなら多少でも見た目を変えればよかったのにとも思います…
ちなみにサイズごとの性能差はサイズが小さくなるにつれ素早く、大きくなるにつれHPが高くなるというもの、バケッチャの状態だと微々たる差ですがパンプジンともなると素早さの高いちいさいサイズと耐久力に優れたとくだいサイズの2択になりますね。

季節のイベントに関係のあるようなポケモンはこれまでちらほらといましたが先ほどから書いているようにバケッチャはハロウィンに関係の深いポケモン。
そして専用技のハロウィンは相手のタイプにゴーストタイプを付与するという技、ボクレーたちのもりののろいのゴースト版とでも言いましょうか、味方に撃てば即席でノーマルと格闘からの耐性を付けることができるので利用価値もあるかもしれないですね。

アニメではXY編におけるムサシのパートナー、適当に捕獲した割にはとくだいサイズのバケッチャだったようです。
コジロウのマーイーカほどドラマはなかったですが一度クチートと交換されそうになりましたがその際に進化してしまい結果的にムサシの元に戻ってきたという経緯があります、ムサシってポケモン交換してるイメージあるというかソーナンスの入手がそれだからなあ。