でふぉしすNo.681、ギルガルドさんです。

681

wikiページ

出鱈目に強いソードマスター。

ソードマスターの称号で呼ばれるほどの優秀な剣士でありながら乱暴で破天荒な剣さばきをすることで有名、それでも出鱈目に強いもんだからソードマスターと呼ばれるのもうなずける。
西洋剣と盾を所持しているが盾はあまり盾として使用せず大抵は所持しているだけ、たまに手にしたかと思えば投擲武器として使用したりする。
アーマルドとはお互いにライバル同士という関係だが真面目なアーマルドからは戦闘スタイルなどについて文句を言われがち、こう見えて鍛錬は怠らない努力家。

ソードマスターのギルガルド、ただの剣士ではなくソードマスター、とりあえずすごい称号という感覚なので別になんか特別な資格というわけではないと思いますけど。
デザインはそれっぽくなるようにうまい具合にまとまったかなと思っています、頭の後ろの原型における手に当たる部分は髪の毛、後頭部で2房に分かれるように結んでるという感じ。

おうけんポケモンのギルガルド、ニダンギルの時点では2対で1体というポケモンだったのに対して進化してまた1本の剣になりました、ダグトリオとかみたいに増えるのはともかく減るってのはどういうことなんでしょうかね?
剣と盾をモチーフとしたポケモンで見た目のかっこよさと優秀な能力もあってかなり人気のポケモンかと思います、色違いもやたらかっこいいですしね…個人的にはもうちょっと気持ち悪くてもよかったかなと思ったりしますが。

ステータスだけ見ると防御と特防の高いポケモンですが専用特性バトルスイッチによってバトル中にフォルムチェンジをして性能をひっくり返してくるというテクニカルなポケモン。
シールドフォルムでは前述の通り耐久に優れたポケモンですがブレードフォルムになると物理特殊両面において攻防の数値が入れ替わり一転して攻撃的なポケモンとなります。

そのため初期のころはシールドで相手の攻撃を受け流しつつ準備を整えブレードで殴る殴るというのが基本的な戦法という感じでした、ただこう面白い性能してると色々と悪さできるもんで今では耐久もあれば特殊型もあるというまさに多種多様な戦法ができるポケモンとなったという印象です。
打点としてシャドークローやかげうちやアイアンヘッドはもちろん鋼や悪に強いせいぎのつるぎまで使えるためなかなか隙が無い、特殊方面ではシャドボとラスターカノンくらいなものですがめざパで補助したりという感じですかね。

専用技キングシールドは相手の攻撃から身を守りつつ接触してきた相手の攻撃を下げるという守備技、まもるやニードルガードと違って補助技から身を守れないという欠点こそありますがこの技を使用することによってシールドフォルムへとフォルムチェンジするためフォルムチェンジを多用する型の場合は必須技となります。
そうでなくても優秀な技なので大抵のギルガルドが持ってるという印象、とはいえハチマキやメガネをかけてる型も多いので絶対に持ってるというわけでもないというのが肝、実際自分の使ってるギルガルドもキンシは持ってないです。

正直キンシなくても全然戦えますしね、ボールから出した直後はシールドフォルムなのでその間に剣舞舞っておいて準備ができたらザクザク斬っていくというようなのもありですし。
耐久型の場合そもそもブレードフォルムにならないというパターンもあるでしょうか、キンシだと補助技から身を守れないからまもるを入れてるというギルガルドもいるかもですし、殴る=強いみたいなポケモンの癖して型が読みづらいのは正直しんどいくらいです。

タイプ的に弱点も少なくそもそもの耐久力も高いためやすやす突破させてくれない強力なポケモン、物理型の場合おにびなどでやけどにされると一気にしぼみますがそれでも剣舞で補ってくる場合もあればそもそも物理型じゃない場合もあるのでやけどさせりゃ安心というわけでもないのがきつい。
自分よりも遅いポケモンを相手する場合、ブレードフォルムの状態で攻撃を受ける可能性が生じるため一気に脆く感じます、自分よりも遅いポケモンが相手の場合すぐに逃げるか剣舞をこれでもかというほど積むかするのがいいでしょうかね。

タイプ相性が抜群ということもありサザンドラと組むことが多いポケモン、クレセドランに次ぐ有名な組み合わせという印象すらありますよサザンガルド。
これについてはゴロンダさんが弱点だったりしますね、きもったま持ちのゴロンダはサザンもガルドも格闘で一貫して抜群取れますからね…とはいえキンシ張られると打点削がれるしせいなるつるぎは抜群で入るしなので全く不利ということでもないですけど。

ポッ拳にも登場、スイッチ版でカメックスと共に追加コンテンツとして参戦しましたが…これアーケード版には登場してないんですかね?ポッ拳ってWiiU版アプデしなかったりスイッチ版だけ新キャラ出したりなんか中途半端ですね。
一度も触れたことないんですがしっかり遠距離も使えるようですしポッ拳DXを買ったら使ってみたいポケモンではあります、ていうか意外とゴーストタイプ多いよなポッ拳…4体もいるのか…

アニメではショータのポケモンとして登場したほか破壊の繭にて進化系全員登場といったところ、それ以外に特にピックアップしたようなお話はなかったです。
というかヒトツキ一族全員が特にこれと言ってメイン回もなくXY編が終わってしまったという感じ、せっかく面白い見た目してるしゴーストポケモンらしい設定を持っているというのに生かされないままでした、残念。