でふぉしすNo.651、ハリボーグちゃんです。

651

wikiページ

にこにこ笑顔の明るい子。

いつもにこにこ笑っていて悩みの無い子、好きなものは好き、嫌いなものは嫌いとはっきり言えるタイプでとにかく分かりやすい性格をしている。
何があっても楽しそうにしているため周囲を和ませてくれる、一方で場違いなところでも笑ってしまうこともあるため空気を読むのは苦手。
妹のハリマロンよりも背が低く体重が重い、ハリマロンがでかいだけな気もするがハリボーグとしてもあまり気にはしてない様子。

にこにこ笑顔のハリボーグちゃん、あんまりキャラ設定しっかりしてない子ですね、書くことがないや。
ハリマロンちゃんは頭巾でしたがハリボーグちゃんはフードです、頭だけ緑色のハリマロンに対してハリボーグのほうはボディから既に緑色ですからねえ。

ええさてハリボーグ、ハリマロンの進化系ですが…正直なところポッタイシポジションのように思えて仕方がないです、なぜまん丸になったのだハリマロン…
しかもなんか顔つきも変わりますしね、公式ポトレはともかくXYのゲームグラフィックで見るとどうこう開いてるようにも見えてちょっと怖い、ハリマロンの面影が残ってるだけあって違和感が半端ない。

個人的にはあくまでハリボーグはハリボーグとしてみてるんで気にしてませんけど人によってはハリボーグのデザインがダメな人もいるようです、ハリボーグといいポッタイシといい純粋に可愛いポケモンから中途半端な見た目になるのはやっぱりなんだかなって感じしますかね?
ブリガロンまで進化すればもうハリマロンの面影どっか行くんで全然気にならないんですけどね、ただブリガロンは見た目だけだと亀みたいでハリネズミの要素も栗の要素もわからなくなってしまうのは気になりますけど。

分類はとげよろいポケモン、この時点でいがぐりですらなくなってましたね…でも見た目だけで言えばまん丸になった分いがぐりっぽくなった気はします。
よろいの名を冠してるだけあって防御が高いポケモンです、とはいえさすがにブリガロンのほうが高いのでハリボーグとしてバトルで使うなら輝石必須でしょうけども。

粉技は覚えないですけどやどりぎやこうごうせい、それにいかりのまえばがあるので耐久型として育成すること自体は可能っぽいですかね、まきびし要員としてつかうのもありかな。
ニードルガードが覚えられないのが残念、ニドガ使うなら耐久ブリガロンを使えってことですね、いやでもブリガロンとはタイプが違うから耐久型としてならもしかするとハリボーグのほうが優れてるかもしれない。

個人的にはハリマロンはいがぐりっぽさを強く押し出して進化してくれたらいいなと思ってたりしました、若干無機物的な感じにならんかと、完全に趣味出てますね。
ハリボーグに進化したときはそのまま丸い状態ででかくなるもんだとばかり思ってましたがブリガロンはよく見ると全然丸くないしむしろ手足がスラっとしていてスリムな印象すらあるほど、両方とも知らない状態でハリボーグとブリガロン並べられて「進化系です」って言われても信じられるだろうか。

アニメだとハリマロンはシトロンやマノンの手持ちということもあり活躍していたんですが、ハリボーグはというとゲストポケモンとしての登場くらいしかなくろくに出番がない。
ブリガロンも似たようなもんではありますけど映画での活躍もあったブリガロンと比べるとどうしてもハリボーグの空気感が強い、どうしてこうなった。