でふぉしすNo.644、ゼクロムさんです。

644

wikiページ

ガラの悪いサポーター。

サッカーが好きなサポーター、基本的にガラが悪く口を開けば暴言が飛び出すほど、サッカーは好きだが自身はリフティングもできない程度のへなちょこ。
レシラムとは二卵性の双子だがお互いにどちらが姉でどちらが妹かを把握していない、そもそもそのことについて興味がない。
レシラムとの仲はとても普通な一方でキュレムとはとても仲が良く兄弟のように接する、3人で一緒にいる時は若干レシラムとも距離が近くなる傾向にある様子。

サッカー野郎のゼクロム、ふわっとガーリーなレシラムとは双子ではあるものの全然似てないしお互いにあんまり興味がないというおかしな関係。
レシラムがキュレムのことを親のように慕う一方でこちらは兄弟のように仲が良い、姉妹のレシラムに対する接し方ももちろんですがキュレムのほうも姉妹で接し方がだいぶ変わってるという感じです。

こくいんポケモンのゼクロム、ホワイトバージョンのパッケージ伝説で電気ドラゴンタイプのポケモン、レシラムの方は同タイプにバクガメスがいますがこちらは同タイプはいません、と思ったらメガデンリュウが同タイプでしたか、ドラゴン炎にもメガリザXがいますしメガシンカ含めたら両方とも同タイプのポケモンが増えますね。
特殊方面で強いレシラムに対してこちらは物理方面で強い能力、レシラムと対応する専用技であるクロスサンダーとらいげきも電気タイプの物理技ですね。

威力や効果に関してはクロスフレイムおよびあおいほのおと大体一緒、あおいほのおがやけど2割なのに対してらいげきが麻痺2割なくらいの差です。
当然特性もターボブレイズと同じ効果のテラボルテージ、どちらもかたやぶりですね、特性を無効化できますがレシラム同様にルナアーラに対しては効果がありません。

サブウエポンとして有用なストーンエッジを覚えることができます、一方でじしんは覚えられませんね、残念。
後はボルチェンの存在があるためレシラムにはまねできないいざとなったらの交代技が可能、しかもテラボルテージのおかげでちくでんやひらいしん相手でも効果があるので大変便利。

ステータスはレシラムの物理特殊を入れ替えた形ということでつまるところお互いに素早さは90と禁伝にしては遅めのため対禁伝の場合に素早さでアドを取られがちになるのが難点でしょうか、以前は禁伝の中でもかなり弱い部類と言われてた時期もあった気がします。
カイオーガなんかはタイプ的に有利そうに見えて冷ビで落とされかねないらしいので注意が必要ですね、S90なんだし思い切って耐久に振ってしまうのもいいかもしれないとすら思うほど、そうすればゲンシカイオーガの冷ビも耐えらますし返しのらいげきで落とせますし。

ゼクロムとレシラムは他のパッケージ伝説と比べても明確に真逆の設定をされているポケモンですね、特殊と物理、白陽と黒陰、女性的なフォルムと男性的なフォルムなど、炎と電気が逆かと言われるとそういうわけではないですけども。
そりゃまあのちの設定でお互いにキュレムから分離したポケモンだと判明するので正反対なのも納得いきますかね、キュレムから分離したポケモンという設定は元々あったのかそれともBW2で後付けされたのかは気になるところです。

映像関係ではレシラムとは違い初登場はアニメ、イッシュ地方に初めて降り立ったサトシの前に現れピカチュウに異常をきたさせるという展開を起こしました…以上です。
これ以降アニメでの登場はありません…一体何しに来たの…普通そういう風に登場するならホウオウよろしくシリーズ通しての主要ポケモン扱いになるんじゃないの…まあホウオウ自体ももうすっかり忘れられてる感ありますけど、にしてもマジで何がしたかったのか不明だしそれ以降の出会いもないためマジで何のために出てきたのか不明のままですねこれに関しては。

映画のほうではレシラムと対になる形で登場、白き英雄ではサトシと対峙する形で、黒き英雄ではサトシを助ける形で活躍してました。
映画時点で既にサトシはゼクロムと遭遇してるはずなんですがそのことに関してはスルー…あと一応光輪の超魔人でレジギガスとレシラムと共に回想での登場をしてましたかね、フーパにサクッと封印されてしまう役どころでしたしレジギガスの鳴き声が注目されすぎてレシラムもろとも特に話題になりませんでしたが。

なんともいまいちいいところがないですねゼクロム…あとサンデーのポケモン漫画において主人公がゼクロムに変身するシーンが有名ですね…あの漫画はもう黒歴史扱いでいいんですかね?

原作ではやたらとバリバリしてます、ババリバリッシュ!バリバリダー!
割とどっちも似たような鳴き声ですけどもレシラムのほうはモエルーワ!とンバーニンガガ!と結構印象が違う、モエルーワはだいぶふざけてる感じしますね…鳴き声でふざけるというと最近のほうが顕著な気もしますけど、ヤッテキマッシャー!