でふぉしすNo.618、マッギョちゃんです。

618

wikiページ

煽るの大好き性悪女。

人を煽るのが大好きな小娘、いつも他人を煽るようなことをしてるため友人と呼べる相手は少ないが本人はあまり気にしてない様子。
とにかく何かにつけて揚げ足を取る癖があり些細な事でも大げさに煽るためものすごくうざい、わざわざ大声で煽ってくるのも迷惑極まりない。
本人もとてもめんどくさい性格をしてはいるが実際結構撃たれ弱い、ファイアローとの言い合いでは感情的になる場面も多い。

煽り屋のマッギョちゃん、原型の顔がムカつく顔してるということでこういうことに、服装なんかも意図してださめの恰好になってます。
元々は美少女設定があったんですけどもあまりにも余計だったので消しました、こいつが美少女とか言われても反応に困る。

トラップポケモンのマッギョ、BWをプレイしてると大抵セッカシティで初遭遇することになるポケモンでその見た目のインパクトから一気に人気ポケモンに。
実際ポケモンセンターでもマッギョ祭りと称したマッギョグッズを大量放出したりするトチ狂った祭を催したりと公式からのプッシュも厚いですね、自分もいまだにスリッパを愛用させてもらってますよ。

他にもアニメではデントのポケモンとして準レギュラーとなったりポケモン言えるかなBWでは落ちを飾ったりととにかく公式からの扱いがよい、元々そのつもりで作られたポケモンなのか後々人気が出てきたのでプッシュし始めたのかは不明ですけども、後者の場合ピカチュウみたいなポジションになりますね。
平べったい見た目からヒラメやカレイを連想しそうなものですが目の付き方などから見るとオコゼ…おそらくオニダルマオコゼという擬態の得意な種類かと思われます。

海の底で砂に潜って顔だけ出してる姿なんかはマッギョそっくりといってもいいほど、マッギョと比べるとごつくて厳つい顔してる気はしますけども。
ちなみにこいつものすごい猛毒持ってるらしいのでかなり危険、うっかり踏むと命にかかわるほどだとか…なお食用としては非常に美味だそうです、ほんと人間ってたくましい。

電気地面という唯一のタイプ構成を持つポケモンでもありますね、水辺で出現するから水タイプだと思って電気技を使ったら効果がなくてむしろ地面技で返り討ちにあったなんて報告もちらほら。
よく見ると弱点はそれなりにあるんですが耐性が非常に分かりにくいため適当に技を出したらいまひとつだったなんてことも、まあ第7世代じゃ事前に効果があるかどうか教えてくれるようになったのでその心配はなくなりましたけど。

見た目からは分かりにくいですがHPが高くて耐久値が高い、防御よりも特防に優れてるため特殊耐久として活躍が見込めます。
また独特のタイプ構成から戦闘能力自体も高いためアタッカーとしても割と使いやすい、地面と電気は弱点付きやすいタイプでもありますからねえ、地面タイプのくせして飛行に弱点取れるってのは珍しいですし。

とはいえ打点自体は控えめなので純粋なアタッカーとして使うよりは高い耐久を生かした使い方をしてあげたいところ、タイプ構成からは予想できない便利な技も覚えるので使い方次第でいくらでも活躍できる。
アタッカーとして見るとだいちのちからと10まんボルトである程度は補えますかね、ボルトチェンジは覚えられませんが案外技スぺ足りなくなることも多いのでないならないで問題なし。

水辺に生息するからかそもそも一応お魚だからかだくりゅうやねっとうといった水技を習得できるのが特徴、どちらも追加効果が強い技なので入れて損はないですし苦手な地面に対する打点としても十分に活用できますね。
また氷技は覚えられませんが草タイプ対策としては毒技の習得が可能、毒タイプでも覚えられないポケモンが多いヘドロウェーブをさらっと覚える当たりにくい奴ですよほんと。

どういうわけだか知りませんがまとわりつくなんて妙な技も覚えますね、耐久型として使う場合貴重なダメージソースになりそうです。
他にはあくびやらいたみわけやら嫌らしい技もちらほらと、最終手段としてはじわれをぶちかますのももちろんありですね、行動手段だけは多いんだこいつ。

物理はあまり高くないですけども技としてはじしんをはじめストーンエッジやら覚えますが電気技がないのでやっぱりきついですかね、教え技でイカサマなんて覚えるますけど入れるスペースがあるかどうか。
ミラータイプは相手のタイプと同じタイプに変化する技、スターミーなんかのイメージが強いですがなんかマッギョも覚えますね…使いどころは難しそうですが相手の攻撃を流したいときに使ってみるのも手でしょうか、ゴーストやドラゴン相手には使いたくない技ですけど。

特殊に振っておいてねっとうで物理ダメージを抑えるという戦法が得意そうな気もします、なおかつ得意な敵には大地やまんボルで攻めるといった感じでしょうか、まとわりついておいて後続に任せたりでんじはやあくびで行動を制限したり…あんまり相手にしたくない程度にはめんどくさいですね。
物理防御のほうが低いため地面タイプでごり押しすれば割とあっさりを割れることも、ただまあねっとうだくりゅうの存在もあるのであまり過信はしたくないところです、弱点のうち氷タイプに対しては打点らしい打点がないのでそっち方面で攻めてみるのが安心でしょうか。

アニメでは先述した通りデントのポケモンとして登場、サトシのガマガルと同話で捕獲されましたが1話中でパーティメンバーが2匹増えるなんてことはやっぱり珍しいですね。
たまにバトルにも登場しては割と活躍していたというイメージ、というかデントのポケモンは全体的に活躍の機会が多いんですけどもヤナップが足を引っ張ってた気がする。

イワパレスの上に乗ってるシーンもちらほらあったりとなんだかんだで馴染んでましたがあまりにもなじみすぎてたためかやじるしになって!の映像ではヤナップよりも出番が多かったそうです、かわいそうなヤナップ。
またこちらも先述の通りポケモン言えるかなBWでは落ちを担当、初代でいうところのオコリザルポジションでしたが謎のエコーのおかげで何度も名前を呼ばれる始末、いい返事も何度も帰ってきそうです。