でふぉしすNo.532、ドッコラーちゃんです。

532

wikiページ

角材持ち歩き少女。

いつも角材を持ち歩いており、机や椅子などに使用している、しかし筋力は人並み程度のため持ち運ぶのも一苦労。
持ち運ぶのに疲れると他人に持ってもらおうとする悪い癖がある、自分と違って力持ちなのことをうらやましいと思いつつあまり筋トレなどはしていない。

なぜか角材を持ち歩いている変な子、というかそもそもドッコラー自体なぜか角材を持ち歩いているポケモンなのでその辺は原作に忠実というかなんというか。
頭から大きな角が生えてるように見えますが一応これはアホ毛、ちょっと太すぎてアホ毛と認識するのが厳しいレベルのアホ毛。

第5世代におけるワンリキーポジションのポケモンドッコラー、上記の通り角材を持ち歩いているという変なポケモン。
進化するにあたって角材が鉄骨になり最終的にコンクリート柱になりますね、もう慣れましたが当時は「なんだこのポケモン」という印象が強かった。

どこからその角材持ってきたんだっていうところもありますからね…角材ならその辺の木から作れるかもですけど鉄骨とかになると本当にどこから持ってきたんだっていう。
まあでも道具を持ってるポケモン自体はよく考えると昔からいるのでその疑問は今更だなと思ったら気にならなくなりましたね、スリーパーの振り子とかもどこで拵えてきたって感じですもんね。

BWでは結構序盤で登場する格闘タイプのポケモンなのでPTに入れておくと後々便利、シナリオメンバーに格闘がいると進行が楽になります。
ただドッコラーの場合同じくさむらでナゲキダゲキも出るのでその辺は好きな奴を選べばいいみたいなところもありますかね、特にダゲキなんかは素早さもある程度高いし進化させる必要もなくてなおかつがんじょうのため捕獲してすぐ強いですし。

角材を持ってるのでウッドハンマーを覚えられそうにも見えますが進化すると角材じゃなくなる関係からか覚えられませんね、残念。
ローブシンがウドハン使えたらどうなってたかな…まあでも元々優秀で技スぺ足りないくらいのポケモンだから採用されないこともありそうか。

結構ゲーム中の鳴き声が特徴的だなと思うポケモンでもあります、なんかコロコロコロみたいな感じの。
格闘タイプにしては可愛らしい系の鳴き声だから印象に残ってる感じですかね、コロコロコロと表現するとなんとなくコロトックが出てきそうな気もしますけど。