でふぉしすNo.527、コロモリちゃんです。

527

wikiページ

大きめファスナーの女の子。

うっとおしそうな長い前髪が特徴的、おしゃべりが好きで相手が聞いてるか聞いてないかなどお構いなしにおしゃべりをする。
狭くて暗いところが好きなためズバットとはとても気が合う、そしてズバットが寝ているのに気づかないままずっとお話をしている。
大きなファスナーの服をよく着用している、歩く振動などで勝手にファスナーが下がるのを楽しんでいる模様。

あまり面白い特徴はないですねコロモリちゃん、ファスナーが大きくて勝手に下がるというのも別にだからどうしたという感じですし。

初代オマージュ的に考えればずばりズバットのポジションのポケモンですか、洞窟などでよく出現することを考えても実際そうなんでしょう。
とは言え進化系のココロモリは野生では出現しないので、そういう点ではズバットゴルバットとはちょっと違うかなという感じもしないでもない。

そもそもココロモリの進化方法がなつき進化だからってのもありますかね、なつき進化のポケモンが野生で出てくるのって珍しいですからねえ。
USMではミミロップやハピナスなどが野生でも出てきますけど、それ以前だと滅多にないですからね?ピッピとかベイビィからなつき進化するのは別として。

こうもりポケモンのコロモリ、洞窟とあれば出てくるあたりやっぱりズバットっぽいポケモン、なにやら第7世代でHPが若干増えたようですが進化前のポケモンに調整が入るのは珍しいですね。
むしろココロモリはなんの調整も入ってないのか、なんでコロモリだけHP増えたんだろう?しかもSMでもUSMでも野生で出ないのに…よくわからないな。

ズバットと違ってエスパー飛行と珍しいタイプ、同タイプはネイティオやシンボラーと癖の強いのがそろってるので進化系のココロモリもろとも印象が薄い気もします。
素早さという観点だけで見ればココロモリは優秀なんですけどね、まあココロモリの考察についてはまた後日。

コロモリのデザインはかなり個性的だと思います、もさもさした球体のボディにハートのマークのなにかしらと口…という感じ。
その見た目からハート部分が目なんじゃないかと勘違いしてた人も結構いたみたいですね、実際あれは鼻なんですよね、目自体はもさもさした毛に埋まってるのかな、目がないというのもやっぱりズバットリスペクトなんでしょうかね。

アニメではムサシがイッシュ地方に来て捕獲しました、コジロウのデスマス同様に特に進化もせず退場してしまったのは残念なところです。
当時のロケット団がアレな状態だったので特別いいエピソードがあったということもないのも実に残念、というかコロモリについてはデスマス以上にピックアップが少なかったからそれこそプルリルたち並に語れる内容がないという事実、BW編はロケット団がお粗末だから本当に残念。