でふぉしすNo.493、アルセウスさんです。

493

wikiページ

舐められがちな最高責任者。

数多の人々の上に立つ実質的な最高権力者であり最高責任者、優秀な頭脳と能力を持ってはいるが、癖の強い部下からは舐められがち。
優秀な能力を持つものをスカウトして部下にしていたが、病んでるストーカー女暴虐武人のダークヒーローサボり魔仙人とやばいやつばかり集まってしまった。
必要な時にいなかったりそもそも言うこと聞かなかったりで気苦労が絶えない様子、度々「普通の女の子になりたい」と愚痴っている。

嫁っ娘シスターズの世界における最高権力者というポジション、一応偉い人なんです。
アルセウスさんの設定については以前書いてるのでそちらのほうで、統率者であるとかそういう設定ではあるけど実際に表立って使われるのは「苦労人」の部分がほとんどですしね。

デザイン面でいうと変なフルフェイスメットかぶってるのが気になるというか、頭部がごついのに服は割とさらっとしてるからアンバランスさが目立つ気がします。
もうちょっと全体的にごつくするか、もしくは頭部もシンプル目にするかしてバランスとるともっとよかったかもしれないですね。

ポケモン的にもかなりけったいな設定を持ったポケモンですねアルセウス、それこそ創造神みたいな。
宇宙を作ったとか宇宙が生まれる前に誕生したとかとんでもない神話が残ってるポケモンです、そんなもん捕獲する主人公どうなっとんのや。

まああくまで神話の話なので実際はどうなのかは語られてないですが、にしでもそんな伝説が残るほどのポケモンであるということは確かなんでしょうね。
ちなみに全ポケモンのDNAを持っていて全ポケモンの親と言われているミュウとはどっちが先に生まれたのかでもめそうです、まあ別にどっちでもいいけど。

ゲームデータとしてのアルセウスは、さすが神の領域のポケモンだけに滅茶苦茶なステータスしてますね、ミュウたちがオール100族ならアルセウスはオール120族、出鱈目にもほどがある。
耐久も高く火力もあって素早さも高い、正真正銘の神ポケです。

とはいえピンポイントで見ていくと上には上がいるもんですけどね、特殊耐久ならハピナスには勝てないし物理アタッカーとしてならカミツルギがいますし、素早さもマルマインやアギルダーにかなわないですしね。
でもそれら全部を兼ね備えてると考えればやっぱり強い、特性のマルチタイプで自身のタイプを変更させることも可能ですけど、アイテムによる補助がほしい場合はあんまり関係なくなっちゃうかな。

第7世代で登場したタイプ:ヌル並びにシルヴァティはアルセウスを元に造られたポケモンですね、そのため特性もマルチタイプと同じような特性。
アニメだとヌルの状態でグラジオからシルヴァティと呼ばれていて、シルヴァティというのが種族名ではなくNNに近いものだったのかなというのが見て取れました、最終的にシルヴァティが種族名みたいになってしまってるわけですが。

専用技さばきのつぶては持っているプレートによってタイプの変わる特殊技、威力100命中100とこれといったデメリットもない優秀な技ですね。
眼鏡とか持たせてただのノーマルタイプの特殊技としてぶちかますのもありか、その場合ばくおんぱの下位互換扱いにならんこともないですが。

他に覚える技もかなり豊富です、というか創造神であるということを前提にしてみるともろもろやばそうな技がそろってる気がします。
ちきゅうなげ、おしおき、みらいよち、だいちのちから、コスモパワー、じゅうりょく、しぜんのめぐみ…どれもその辺のポケモンが使うのとはスケールが違いそうな技ばかり。

ミュウのようにすべての技マシンを覚えるとかそういうことはないみたいですけどね、ていうかちきゅうなげって、アニメとかの演出を基にするなら弧を描きつつ投げつけるとか、地球に向かって投げ落とすとかのイメージだけどアルセウスの場合、地球ごと投げつけるみたいなことになりかねんのでは…
そもそもアルセウスに投げのイメージがないからどういう動作なのかわからんですね。

DPではてんかいのふえを使うことによっていけるはじまりのまで固定シンボルとして登場しますが、そもそもてんかいのふえ自体が没アイテム扱いになっているので、本来このイベントはお目にかかることができないものです。
シェイミとダークライはPtで配布アイテムによってイベントを発生させることができたわけですが、アルセウスのこのイベントに関してはPtでも結局てんかいのふえが配布されなかったため没イベントとなってしまいました。

実際のところは、ゲーム開発時まではてんかいのふえを配布するつもりだったようですが、発売してから配布しない方針へと変更になったとかなんとか、DP時点でなぞのばしょとか色々問題あったからやめたのではという憶測もありますかね。
結局アルセウスはそれ以降も配布のみの入手になりますね、まあそもそも幻のポケモン自体配布されること前提みたいなとこあるからイベントなどで捕獲できるほうが少数ですが。

映画ではDP3部作の最後、超克の時空へで登場、cv美輪明宏でも話題になりましたかね。
急に出て来て人間を滅ぼそうとし始めるやばいやつ、ディアパルギラティナが3体そろって止めようとしても歯が立たないという神っぷり。
最終的にはサトシが過去へ行き歴史を改変することによってアルセウスの怒りもなかったことに、ていうか当たり前のように過去改変してんじゃないよ。

この映画ではギザみみピチューとかいう変異体も登場しましたね、同じポケモンなのに別グラフィックとして登場したのはこれが始めてかな。
以降はお着替えピカチュウとかキャップピカチュウとか登場しました、てか当然ながらピカ族ばっかりだな。

お着替えピカチュウもそうだけどギザみみピチューも置き去りピチューせざるを得ないのが残念なとこですけどね。

映画配布アルセウスをHGSSのアルフのいせきに連れて行くとシロナさんが登場してシントいせきのイベントを見ることができますね。
このイベントがまたけったいなイベントで、最終的にレベル1のディアパルギラティナのどれかを誕生させ入手できるという…やっぱり創造神だったのかお前…

自分はこのイベントを何度も見れるようにとイベント見た後にレポート書かないで置いておいたんですけど、うっかりアルセウス自体を第5世代に送ってしまったので結局レベル1の伝説ももらえず仕舞いです、なんてこった。