でふぉしすNo.468、トゲキッスちゃんです。

468


wikiページ

キュートな一発屋芸人。

若手お笑い芸人、ピンで活動しており知名度はそこそこ、芸人としては可愛らしいルックスと一発屋的なネタで一時的に仕事が増えていた。
ネタ自体は好きな人は好きというレベルで大衆受けはしていない、最近は芸人としての仕事よりもモデルや俳優としての仕事のほうが増えている。
本人としては一生芸人でやっていくつもりらしい、テレビで芸はできなくても舞台では一生懸命スベっている。

何故か芸人というポジションに落ち着いているトゲキッス、妖精のようなふわっとした衣装になったので何かしらそれっぽい職業にするかという理由で芸人になった…はず。
一発屋芸人としてなら割と奇抜な衣装でも気にならないだろうという考えですかね、ちなみに目は左右で色が違うオッドアイです、カラコンですが。

トゲチックが進化して飛行機のようになったトゲキッス、なんだこいつ何がモデルなんだ。
元々トゲピーもトゲチックもモデルらしいモデルのいないポケモンなのでそういうことなんだろうけど、にしてもあのトゲチックからまさかこんなにもっさりしたフォルムが出てくるとは思わなんだ、最初トゲキッスを見た時はマジで冗談だと思いましたもの。

見た目だけじゃなくて性能も冗談みたいな性能してますけどね、主にてんのめぐみエアスラッシュとかいう鬼畜コンボ…既にトゲキッスの代名詞と言っても過言ではないかもです。
登場当時は素早さもそれなりに高いほうで放っておくとエアスラ殺しされかねなかったもんですが、最近は速くて強いのも増えたのでだいぶ相手しやすくなったかとは思います、それでも麻痺撒きとトゲキッスのコラボレーションは未だに注意が必要ですね。

割と耐久も高いので自身ででんじは撃っておいてたべのこしで回復しつつエアスラしてくることもよくありました、サブウエポンとしても文字やらサイコキネシスやらはどうだんやら使いやすいのが多くて本当に対処に困るポケモン。
かとおもうとしんそくあたり撃ってきたりするんで油断も隙もない、てんめぐ型かと思いきやはりきり物理キッスという変化球の場合もありますからね…

自身より遅い相手はもちろん、それなりに素早さがあるのでスカーフ巻いてただただエアスラしてくる奴もちらほら、ひるみさえ引き続けられればそれで勝てるからなあ。
エアスラキッスの対策としてはやはり岩や鋼や電気タイプでしょうかね、特に特防の高いやつはトゲキッスにとって天敵なので意識するのであればほしいところ、それこそエレキブルあたりは相性よさげかも。

第6世代になるとフェアリータイプが追加され、トゲピー一族もノーマルタイプがフェアリータイプに変更になりました、それによってトゲキッスはしんそくを一致で撃てなくなってしまいましたね、残念。
個人的にはりんしょうPTに入れてたこともあったのでそっちの方が残念なんですけども、ノーマルタイプの特殊型は当時少なかったから…ORASで候補がかなり増えたのでトゲキッスの穴埋めはもう問題なさそうですが。

フェアリータイプになったはいいものムーンフォースもじゃれつくももらえませんでした、元々十分強いからなくてもええやろっていう判断ですかね?あると手が付けられなくなる可能性考慮かな?
タイプ的にはノーマル飛行よりも弱点が増えましたが、それよりも耐性が増えたほうが問題ですかねえ、結果的は難くなってる気がします、悪タイプとかで相手しにくくなったし格闘は見たら逃げるしかない。

アニメではヒカリの手持ちにいましたかね、元々トゲピーと言えばカスミのポケモンでしたがこちらはトゲチックに進化してお別れしたので、トゲキッスというとヒカリ。
ゲームだと飛んでるポーズがメインなので、接地したポーズがきもいという意見もそれなりにあった気がします、だまされるなそもそも普段のフォルムも割ときもいぞ。

ゲームではPtのシロナさんが使ってきます、DPで使ってたトリトドンと交代での加入ですね。
個人的にはトリトドンのほうが好きでしたので少しばかり残念でした、まあでもどっちが強いかって言われると当時は完全にトゲキッスでしたけども…BWでは使ってこないけどBW2およびSMではきっちり使ってきますね。

しゅくふくポケモンという分類と羽の形だけで言えば天使とかに近いのかな…とも思います、赤と青の模様は紙吹雪のイメージとかなのかな…?
トゲチックも妖精とか天使とかキューピッドとかと言われればなんとなくわからんでもない気はします、実際のところ何がモデルなのかははっきりとはしませんけどね。