でふぉしすNo.441、ペラップさんです。

441

wikiページ

クールな音楽教師。

音楽を教えてくれる先生、とてもクールな性格で教師としては申し分ないほど真面目。
教師仲間達からもとても信頼されており、飲みの場なんかでは愚痴を聞かされる毎日を送っている。

ペラップだから音楽関係ではありますが歌手とかじゃなくて音楽教師ってことで、特にデザイン面もひねりはないです。
教師系は数人いますけどもう少し多くしてもいいかなってくらい、今のところ音楽、体育、国語だけですしね。
まあその分穴になってるところは教師じゃないけど専門の人とかが担当してるとかそういう感じだったり…するかな?みたいな、適当だなあ。

おしゃべりという専用技が特徴的なポケモンですが、おかげで一時期は禁止ポケモンになってしまっていたことがいまだに記憶に新しいですね。
マイクを通して音声を録音して、記憶した音声が鳴き声の代わりになる…という面白システムが原因というなんともかわいそうなことに。
まあ第6世代になって録音機能そのものが消去され晴れて禁止解除ということにはなりましたが、録音機能なくなっちゃったのはもったいない気もしますね、通信時に録音解除されるとかにすればよかったのに。

一方でその専用技おしゃべりが第6世代で一気に強力な技に変貌したのも驚きでしたね、威力は65にあがり確定で混乱し、しかも音技強化の煽りを受けみがわりすら貫通するという…
元々は録音の内容によって混乱の確率が変動するという謎の性能だったわけですが、録音自体なくなったからといえまさか100%になるとは…
おかげで専用技としては破格の性能へと変化しました、それに加えてばくおんぱとかの強力な技も増えたのでペラップ自体一気に強化されたような感じでしたね。

ノーマルタイプとしては特攻が高いほうですからねペラップ、さらに威力の高い技も手に入れて万々歳です、ORAS発売まではねっぷうとばくおんぱを両立できないという問題もありましたけど…まあ大使的になるほどではなかったか、むしろ鋼弱体化したからそこまでねっぷう必須でもなくなったし。

特攻はまあまあ高いですけどとは言え大台の100には乗ってない、素早さも100未満なのでステータスとしては低めですね。
特に耐久はかなり低いので、スカーフなり眼鏡なりで強化しつつ上から殴るのが基本戦法になりそうです、とんぼがえりもきちんと覚えるので安心。

基本的に音技に頼りがちなのでぼうおんのポケモンには無力と化す点は注意が必要ですね、マルマインとかバリヤードとか…特性選択できるポケモンでぼうおん選んでることは稀ですけど、まあ気を付けておくに越したことはない。

ポケダン時闇空ではプクリンギルドのメンバーとして登場プクリンの1番弟子というかなんか秘書みたいなポジション。
何か特徴があるかと言われると他に濃いのが多いからなんとも言えない、中間管理職というかなんというか。