でふぉしすNo.437、ドータクンちゃんです。

437

wikiページ

無口なストーカー被害者。

とても無口、滅多なことがない限り言葉は発しないが表情は豊かな方故に感情は理解しやすい。
子供っぽく人懐こい性格で若干警戒心が薄いところがある一方で巨大ロボに付きまとわれており逃げるのに必死。
ゴルーグ本人のことは別に怖くはないのだが、ロボに乗った状態で追い回されるのが大層怖いらしい。

ジト目で無口なドータクン、元々無機質なポケモンなのでこういうイメージだったわけですけど、感情表現は豊という原作っぽくないところも。
彼女もかなり初期に作ったキャラなので服装が個性的です、どういう造りになってるのか…もしもう少し最近作ってたらもう少しわかりやすい服になってたかもですね。

ネンドールと並べたいポケモンですドータクン、お互いにエスパータイプですしモチーフが近い存在なので個人的にはペアのイメージ。
その割に嫁っ娘の2人は別に関係ないですけどね、むしろドータクンとかかわりがあるのはゴルーグ、こちらは色と見た目が似てたかなんかで関わり合ったような。

ジラーチメタグロスに次いで登場したエスパー鋼タイプで、前述の2匹と比べると耐久に重きを持ってますね、第5世代までは高い耐性と耐久値をもってして場を整えるのに活躍するポケモンでした。
第6世代でギルガルドの呪いを受け鋼タイプが弱体化しましたが、それでも特性ふゆうorたいねつのおかげで弱点を減らすことのできるドータクンは割かし強いほうですかね。
まあ、少し弱点が増えたおかげでメタグロスなんかはじゃくてんほけんが使いやすくなって喜んでる節もある気はしますが…

耐久だけでなく火力も地味にあるのがドータクンのいいところ、耐久に振っておいてアタッカーとして使うもよしですし逆に攻撃面に振っておいてサポート技多めに入れておくというのもありか。
とにかく何をしてくるかわからないポケモンなので、なるべく早く対処したいもんです。

割とメジャーなのはやはりトリルですかね?本人も鈍足なので手始めにトリルを張ってから色々してくるパターン。
ステロ撒いたり壁張ったり殴ってきたり役目を終えたかごとく爆死したり…とにかくトリルすると動き回りやすくなりますね。

昔使ってたドータクンはトリルを張った上でいわなだれとしねんのずつきでひるみを狙うよくわからん型でした、でも結構強かったんですよ。
うまい具合にひるみが入れば問答無用で殴り倒せますし、そもそもドータクン見て岩技あまり警戒されないのか結構刺さってたり。

とはいえ最近だと火力足りてなさそうな気はしますけどね、それこそじゃくてんほけんでも持たせてアタッカーとして昇華させてやるってのも手かな。

どくどくとねむるとリサイクルで永遠に場に残る無限ドータみたいなのも有名かな、耐久が高く弱点を突かれにくいためにねむカゴリサイクルが安定するというあれ。
こでも第5世代までだとは思いますけども、リサイクルなんて覚えるもんだからカゴのみを使いまわし始めちゃうんですよね、困ったもんです。

ゲーム内ではゴヨウさんが切り札として使ってますかね、個人的には周回しまくったからかカトレアの手持ちとしての印象のほうが強いですが。
ていうか普通の四天王のくせしてカトレアの手持ちにメタグロスいるのおかしい気がする、アデクさんですらウルガモスが最大種族値なのに…

ドータクンの見た目は本当にほぼほぼ銅鐸ですね、第4世代でここまでそのまんまな見た目なのも珍しいくらい。
だからこその素敵デザインなんだとは思いますけど、うーんやっぱりドータクンはかわいい。

BWのころは赤い目を点滅させて瞬きとかしてた気がしますけどパルレだと無表情でしたっけ、まあこの見た目でニコニコ笑われても困るけど。