改造手引き的なもの。

DSC_0569

というわけで遅くなりましたが以前の記事でできたらいいなと書いていた、キューポッシュラングレーちゃんを作るのにあたって使用した道具や参考にさせてもらったブログさんなんかのご紹介をさせていただきます、今更過ぎる。

あ、先に断っておきますがこの記事だけ読んで改造できるとは思ってません、めんどくさくなったため図も省いてしまってますし…でも紹介できる分だけはしておかないととおもったので公開させてもらった次第です、ご勘弁ください。

さてまあ、とりあえずは「キューポッシュ 改造」でググって出たところを参考にさせていただいたことに変わりはないわけなんですけども、部分部分で自分なりにアレンジしたところもちらほらと、まあでもまずはその参考にさせていただいたところをご紹介させていただきたいと思います。

といいましてもですね、キューポッシュ改造ブログを書いてるところも少なかったため、大半はこちらのブログ様を参考にさせていただきました。
よそのブログとか勝手にリンクするのどうなのかいまいちわかんないけど、まあとりあえずは直リンでいいか…

こちらのブログ様では購入した道具なども書いてありますね、自分もこれを参考にある程度の道具を揃えました。
細かく違う部分はもちろんありますが、作ったのもかなり前の話になってきてしまっているのでどれがどうだったかあやふやなところもありますので割愛、一応一つだけ大きく違う部分としては、自分は顔は直接描かずにデカールシールを使って作ったというところですかね、まあそれはおいおい。

1.素体選び

まずはキューポッシュを改造するにあたって素体を選びます、これは作りたいキャラクターによって選ぶ基準が変わってくると思います。
例えば、作りたいキャラに近い服装のキューポッシュがあるのであればそれでいいとは思います。
もしくは作りたいキャラに近い髪形のキューポッシュを選ぶというのもありますね。
また、顔を作る手間を省くというのであれば顔が似ているキューポッシュを選ぶというのもありかと。

とにかく素体選びは自分が楽したい部分を重点的に決めたらよいかと思います。
ラングレーちゃんの場合、近い服装のキューポッシュなんていうものはなかったので前髪楽できそうだという理由でキューポッシュフレンズのアンちゃんを素体にすることにしました。



キューポッシュフレンズはキューポッシュのオリジナルキャラクターなんですが、服が布製のためボディはほぼ裸です。
そのため、割とボディラインの出る格好してるラングレーちゃんとの相性はいいかと思った次第であります、一方でラングレーちゃんには袖があるので、その辺の手間を考えたらアスカとかを元にしてもよかったかなとは思いますけどね、ラングレーちゃんだけに。



まあ、服を全部自分で作るっていうならキューポッシュフレンズでいいんじゃあないかと思います、キューポッシュえくすとらにスク水ボディとか体操着ボディとかもあるので、うまいこと応用すればもっと手抜きはできそうですけどね、その分お金はかかりますが。





ラングレーちゃんを作るのに苦労した部分というと、靴とか袖とかでしょうか、素体が裸のためこの辺は完全にオリジナルで作っていく必要がありましたので、靴のサイズを両方で合わせるとか、底を平らにするのとか、袖の造形とか元々袖の無い部分に袖を付けて可動範囲がどうなるかとか結構思考錯誤しましたかね。

ちなみにキューポッシュフレンズの場合、表情差分がないので表情差分が作りたい場合はキューポッシュえくすとらの表情差分とかを別に買う必要が発生します、うちのラングレーちゃんもいまだに無表情ですね…そろそろ表情差分ほしい。

2.改造箇所の決定

素体を購入したら早速どこを改造していくか決めます、おおまかには頭部とボディで分かれますが、キャラクターによっては
・顔
・前髪
・後頭部
・首
・上半身
・下半身
・肩(左右)
・上腕(左右)
・前腕(左右)
・手(左右)
・大腿(左右)
・下腿(左右)
・足(左右)
とかに分かれてくることもあるかもですね、とはいっても首や肩は球体関節なので変に改造できないですし、そもそも分解しにくいパーツもあるのでなるべく無理はしないほうがいいですね。
自分の場合も、分解できないからって腕と足はくっつけたまま作業しましたからねえ、足首から先だけは無理にでも外してしまった方がよかったかなとは思いますが…無理してパーツ割っちゃったりしたら元も子もないですからね。

まあそういうわけで、ラングレーちゃんを作るのに改造する箇所は以下のようになりました。
・顔 → 口はそのままで眉と目を変更。
・前髪 → 真ん中の髪の毛以外は丸々改造。
・後頭部 → 主に毛先を改造。
・首 → 首パーツ自体は改造せず、チョーカーを別に作成。
・上半身 → シャツとベストを形成
・下半身 → 着脱可能なスカートを作成。
・肩、手 → 塗りのみ。
・腕 → 上腕に袖、前腕に手袋の口部分を形成。
・足 → 下腿にブーツの口部分を形成と足にブーツ部分を形成。ソックスは塗のみ。

という感じで、それぞれどう改造するか決めたら後は着手していくだけですがどこから手を付けていくか何かも難しいところですよね、自分の場合はモチベーションのためにも先に髪形から作りつつ胴体の順番だったと思います。
足なんかは最終的に立たせる必要があるのである程度できてから、素体の足裏マグネットを掘り出して移植したりもしたので特別めんどくさかった気もします。

3.各部位の造形

とういわけで各部位の造形についてなんですが、一番長くなるであろう部分にも関わらずここはさらっと流していきます、詳しくは先ほどのブログ様など参考にしていただきたいと思います。

さてまあ先ほどのようにある程度どういう順番で形作っていくかにもよりますが、まず髪の毛のほうは大きく形を変える必要があったため一度かなり短くします。
紹介してるブログ様ではモデラーズナイフで髪の毛を切り落としてるようですが自分はこれニッパーでパチパチ切っていきましたかね、ナイフ使うの怖かったから。



ちなみに自分は上半身と下半身を分けられるようにしたまま完成させたので、これを省くだけでもかなり楽になるとは思います、スカートが着脱できるってのをどうしても残しておきたかったんですよ…でもそのおかげで胴体の強度は下がってしまいましたが。
うっかり小突いてしまったらほろりと上半身がもげることもしばしば…今はうまいこと調整してある程度の衝撃なら耐えられるようになりましたけど、そういうのを嫌うなら上半身と下半身はもうくっついていいものとして作ったほうが楽かもしれないですね、可動範囲も減りますが造形として見れれば問題ないでしょう。

帽子は完全に追加で作ったものですがこれも結構めんどくさかった、パテがやわらかい時は形を作ってもすぐにとろけてしまうため一旦ある程度の形に整えた後にパテが堅くなるのを待つ必要がありました。
しかも固まりすぎるともう作り直しがきかないのでこねれる程度の強度、そうすれば後はうまいこと頭の形に合わせて形を保持できるようになればOKって感じでしょうかね、まあこれは帽子を作るっていう場合に限りますけど。

とまあ造形に関してはこんな感じでしょうか、図もないので分かりにくいですね、ほんと逐一写真撮っとけばよかった、すいません。

4.顔

てなわけで最後は顔です、顔は色々とめんどくさいので改造しなくてもいいというのであればそれに越したことはないんですが、顔も描き換えたいという場合はまず目と眉を消す必要があります。
上記で紹介したブログ様ではうすめ液で消えますと書いてありましたが薄め液で顔を消すのは個人的にはとてもめんどくさかった…
というのもうすめ液はあくまでうすめ液のため既についている顔のパーツをはがすには少々力が弱い、そのため思ったよりもぬりぬりぬりぬりしなくてはいけないことになったんですが、今度は顔の表面がボロボロに…というわけで自分はうすめ液ではなく洗浄液のほうで元の顔をはがしました。



これ、紹介ブログ様では書かれてなかった筆や塗料皿の洗浄液です、こっちのほうが溶かす力は強力だったので苦労なく顔を消すことができました。
逆に言うとこっちのほうが強力なので顔の表面を傷つける可能性も高くなるのでなるべくやさしく消してあげることが重要ですね。

そんで顔を消せたら新しい顔を用意しましょう、ここからはもう完全に先ほどのブログ様では紹介されてない部分になります、ここからはこちらのブログ様を参考にさせていただきつつ要所要所で自力で方法を見つけながら…という感じでしたかね。
画像作成のソフトやインクジェットプリンタが必要になってくるのでそれらがない、使えないという環境である場合はこの方法は使えないと思ってください、あしからず。

とりあえず、このブログ様で紹介されているデカールシールは既に生産が終了されているので自分が使用したのはこちら。



まあいわゆる転写シールですね、これに目の画像を印刷してはっつけて終わりっていうだけです、文にすれば単純なんですが実際にやるとやっぱり大変な部分もちらほら。
目の画像については自分はクリスタを使って用意しました、キューポッシュの顔画像を元にラングレーちゃんの目っぽくなるように描き換え、普通の紙に印刷しつつサイズを調整という感じでできあがったのがこちら。

デカール

うわきも、はがきサイズでだいたいこんな感じならキューポッシュとしてちょうどいいサイズになるかと思います、参考になれば。

あとは先ほどのブログ様を参考にしつつデカールをペタリ、目の位置を失敗するとそれだけで失敗感強くなるのでかなり緊張しましたがなんとかうまくいってよかったです。
若干位置が低いなと思うときもありますけどまあそれくらいなら全然。

ちなみに顔をデカールで済ませたので最初のブログ様で紹介されていたガンダムマーカーは購入したのはいいもの使ってません、完全に買っただけになってしまった…まあ何かしら使うときが来ればとも思ってるんですが第2弾の予定もないしどうしたもんか。

・・・・・

ええかなり大雑把かつわかりにくくなりましたが以上です、死ぬほど遅くなったうえにこのありさま、オレだったら怒ってる。
フィギュアを作るということ自体はまた挑戦してみたいとも思ってはいます、今度はねんどろいどのラングレーちゃんとかストラップマスコット的なラングレーちゃんとかですかね…どっちにせよラングレーちゃんだな。

みしらぬネコのamiiboを改造してナイルさんを作るかという計画もなくはないんですが…まあやる気と時間があればって感じですね、とにかくこの話は一旦これで終了です、お疲れ様でした。
とりあえず近々表情差分くらいは用意してあげたい、キューポッシュえくすとらの髪の毛差分セットなら最悪改造しなくても使えるしな…





この2つ当たりが候補かしら…アンちゃんのほうは笑顔パーツとしてほしくてシェリーちゃんのほうはおこ顔がほしいって感じ。
やっぱりラングレーちゃん眉間に皺寄せてなんぼみたいなところありますからね。