作ってしまいました。

キューポッシュラングレーちゃん

前々から作りたいと思っていたラングレーちゃんフィギュア、この度キューポッシュを改造するという形で実現するに至りました、わはは。
元々工作は得意なんですけどフィギュア作り自体はやったことはなかったので表面がぼこぼこだったり部分的にごてっとしていたりはするんですが、それでも満足のできるものができたと思ってます。

ラングレーちゃんとBMG

同じキューポッシュであるブラックマジシャンガールと並べるとこんな感じ、BMGのほうが目が大きくてデフォルメ感強いってのも不思議なものです。

ラングレーちゃんとBMG2

帽子は着脱可能なので交換してみたり、BMGのほうはマグネットで帽子がくっつくようになってるんですがラングレーちゃんのほうはただ被せてるだけなので軽い衝撃でとれてしまいますね。
それでもギリギリのサイズで作ってしまっているので「ぎゅっ」とはめると割とかっちりしてくれるもんです、帽子自体はもう少し大きく作ってもよかったくらいです。

ダヨーさん現る

ダヨー。

ねんどろいどと比較

ねんどろいどと比較してみるとこんな感じ、やっぱり頭身が高くて可動する分キューポッシュのほうが自由度も高くてかわいい、ダヨーさんを対象に選んだのは間違いとか言わない。
キューポッシュは種類がまだ少ないのがあれですが安心のコトブキヤさんなのでクオリティは高いですね、デレマスシリーズが楓さんしか出てないのでもっとバンバンだしてほしいですお願いします。

ただまあ改造するとなるとねんどろいどにはない可動部がなかなか難しくて、球体関節部への塗装なんていうなるべくやらんほうがいいこともしてますし、実際ラングレーちゃんも右足の膝関節がもぎ取れる事故を起こしてます。
可能なのであれば球体関節だけ取り外して別の色のものに挿げ替えるなんてことができたらいいんですけど、割とがっちりはまってる部分もあるので引き抜きにくくて…

それでもある程度は可動するので何ら問題なし、そもそもタイトスカートなので腰の可動域に関してはほぼないようなもんですし、基本的には棒立ちでいいですしね。
腕が問題なく動くだけで充分楽しいです。

ラングレーちゃん正面

正面から。
トップコートでテカリを抑えてはいるんですけど吹き足りなかったかまだ若干テカテカしてますが、あんまり変なことしたくないのでこれでよしということにしてます。

ラングレーちゃん側面

横から。
帽子が思ったより小さくなってしまったので真横にかぶる羽目に、本来なら斜めにかぶるもんですからねえ、気になりますが作り直すのもめんどくさい、というか帽子を作るのが一番めんどくさかったというのも事実。

キューポッシュであるということを大事にしてるので、足裏のマグネットや背中の固定器具を差し込む部分も残してあるのです。

ラングレーちゃん背面

後ろから。
固定器具を刺す穴が残った状態ですね、器具なしでも直立はできますけど膝が壊れてたり首が緩い関係上なるべく器具で支えてあげたいものです。
ちなみにスカートの着脱もできます、これだけは譲れない。

帽子キャストオフ

帽子を取るとこんな感じ、本来ラングレーちゃんの髪の毛は帽子のせいか両側につぶれ広がってるんですが、立体にすると変な形になりかねなかったのでまん丸の頭にしてしまいました。
まあもみあげさえあればラングレーちゃんであることはわかるのでノープロブレムです。

あと帽子に関して、完成前まではなかなか固定されずずり落ちることもありましたが、色塗りまで終わってトップコートによる保護まですると表面の滑りが悪くなったため、帽子も固定しやすくなりました、よかったよかった。

顔アップ

顔アップ。
目はデカールシールを自作して貼り付けてます、元々は直接描き込もうと思ってたんですけど顔が上手にできなかったらそれだけで大失敗になりかねなかったので急遽デカールに変更しました、そのためガンダムマーカーを無駄に購入したことになってしまいましたが…
割ときれいに貼り付けられたとは思ってますが、若干目の位置が低かったかなという気持ちもあります、まあ気にならん程度なので大丈夫大丈夫。

顔アップ2

帽子を被らせると影がかかっちゃって顔の印象も変わりますね、こればっかりはしかたないですが写真にとる場合は正面か下から光を当てたほうがよさそうとも思いつつ、そんなにしっかりした撮影環境はないのでそのまま。

世界に一つだけの自作フィギュア、机の上に置いておくとモチベーションがぐっと上がりますね。
球体関節部分の塗装がどうしても剥げてしまったり、スカートの厚みが左右で違ったりとどうしても避けられなかった失敗もありますが、どうせ自分用なんだし気にしない気にしない。
関節部分の塗装剥げに関してはいずれ普通のマーカーかなんかでカバーできればと思ってます、それでも剥げる場合はもうどうしようもない。

表情や手の差分は作ってないのでこれだけですけど、素体にいくつか手のパーツあったので、それを塗れば別の手も作れるっちゃ作れますね。
表情については素体の顔パーツが一つだけだったので、作りたい場合は別の商品を買う必要があります。
キューポッシュえくすとらってのに顔と髪形だけのものがあるのでそれを買うのが一番いいかな、一番ほしい歯を見せて笑う顔がないってのがネックなんですが。

製作途中の写真とかいちいち撮ってないんですけども、近いうちに使ったツールとか参考にしたブログさんとかの紹介ができたらとは思ってます、こういうこと書いてやらんってことも多いから信憑性は低いですけど。
もしそういう記事書くなら適当なイラストとか添えながらこういう風に作ったというのをアップできたら…

11/6追記
キューポッシュ改造の記事については書くつもりではありましたが、一度期間を開けます、コミケの作業が入ったので…
以降やるきなくなったら企画倒れする可能性はあります、ご察しください。