でふぉしすNo.406、スボミーちゃんです。

406

wikiページ

タンタカカスタネット娘。

カスタネットが大好きでいつもタカタカ鳴らして遊んでいる、とても優しい性格の持ち主で落ち込んでいる人がいたらカスタネットで元気にしようとしてくれる。
2人の姉たちからはとても愛されており、ロゼリアのおしゃれな服をおさがりでもらったりロズレイドのローズティを楽しんだりと割と優雅な生活を送っている。
そのため若干世間知らずっぽいところがある、それでもまだ小さいので「可愛らしい」で済むのが救い。

顔のデザインは原型のままですね、こういう場合「デフォルメしてるから」で済むから楽でいいです、というか元々こういう漫画的表現がすきなので、高等身だけど顔はデフォルメ強い…みたいなのとかたまらんですよ。
まあこのシリーズに関しては全体的にデフォルメが強いのでまた別の話になりますか、あまりデフォルメしすぎでもアレかな…ってなるので、ほどよいデフォルメ具合を探求したいですね。

スボミーといえば第3世代で登場したロゼリアの進化前ですが、第4世代にて進化前と進化後が追加されるというのは後にも先にもロゼリアのみですね。
世代ごとに進化ごと進化前が追加された例としてはエレブーバーやラッキーなんかもいますが同世代にいっぺんに…となるとロゼリアだけ。

生物的に見るとどういう原因で進化の真ん中だけがホウエン地方で発見されるようになったのか非常に気になりますけど、まあそんな細かいことは気にしないほうがいいですよね、答えなんてないでしょうし。
ORASだと余裕でスボミー達も登場しますしね、HGSSの時もジョウト図鑑にモジャンボとか追加されてましたしね…その辺はもう後出し正史みたいなとこあるから…

カスタネットという特徴はもちろんスボミーの頭の部分から来てるわけなんですけども、こういう幼児向けのカスタネットが実はミハルスという名前だということで一時期話題になったりならなかったりしてたようなしてなかったような。
というわけでちょっと調べてみましたが、別にカスタネットで間違いないようですね、まあ本来のカスタネットとは若干違うようですけど。

カスタネットと教育用カスタネット、それからミハルス…どれがどれでどう違うかっていうのは調べてもよくわからなかったんですが…まあ、感覚で区別するでいいんじゃないですかね。
本場のものがカスタネットでよく見知ってる赤と青のが教育用カスタネット、ミハルスは…なんだろう?

そもそもスボミーは普段頭の部分を閉じてるから「頭の部分から来てる」とか言っても通じない場合もありますか、あれ開くと赤と青の模様があるんですよ。
ロゼリアになると薔薇の花になる部分だと思いますけど…蕾か、スボミーですもんね、ってことは頭のあれは手になるのか…

可愛らしい害のなさそうな顔しておきながら激しいくしゃみと鼻水を引き起こす花粉をばらまくんだそうです、花粉症にはたまったもんじゃないですね。
薔薇花粉による花粉症自体は珍しいみたいですけどね、日常的に薔薇と過ごしてたりしたら発症しちゃうんですかね?