でふぉしすNo.386、デオキシスさんです。

386

wikiページ

不憫系宇宙人。

地球の遥遠くからやってきたマジもんの宇宙人、テレパシーを操り重力すら自分の意志で操作することができるのだが…
宇宙人であることを隠してるわけでもないのに誰にも信じてもらえず嘆いている、さらに地球の空気が合わないのか仮面をしていないと呼吸ができない。
何かと不憫ではあるが宇宙に戻っても孤独なだけなので結局居座っている。

嫁っ娘の世界観的には宇宙人とかロボットとか割と何でもありというのが定着してます、とはいえ珍しい存在であることに変わりはないですけど。
デオキシスさんのデザインはデオキシスの全フォルムをまとめたような物になってますね、耳とかはアタックのものですし背中から生えてるのはディフェンス、ハイソックスっぽい部分はスピードって感じ、あとは各所ノーマルだったりアタックだったり…

デオキシスについては任天堂デフォルメシリーズで描いて語ってをしているのでそちらの記事で、こちらでは向こうで書いてない部分について語れればと思います。

元幻のポケモンであるデオキシス、ディフェンスフォルムが一番好きだというのは既に何度か書いてますけど次いで好きなのはノーマル、でも一般的に人気のありそうなのはやっぱりアタックですかね。
なにより高い攻撃力が魅力的ですね、攻撃と特攻の値はノーマルでも高かったですがアタックになるとラムパルドをもしのぎます。

攻撃の種族値では最近メガシンカやらゲンシカイキやら増えたおかげで並ばれたりぬかされたりしてしまってますね、それどころかUBのカミツルギにまで抜かされる始末…わずか1の差ですけど。
特攻は今のところ抜かされてるのはメガミュウツーYだけですね、同値が2匹いますがメガレックウザにゲンシカイオーガと伝説の強化版ですね。

一方で耐久面については紙も同然、逆に言えば襷との相性は抜群ですね、むしろそれ以外に持たせるものがないくらい。
眼鏡を持たせてぶん殴るというのも素敵ですけどふいうちされると不一致でも落ちそうですからねえ…幻のポケモンの癖してHPすら低いんですもの。

ノーマルフォルムはアタックと比べて若干耐久こそありますが火力が下がった劣化版みたいな感じでしょうかね、ディフェンスになるとどちらとも違う高い耐久を持った性能へ変化しますね。
じこさいせいやミラコカウンター他コスモパワーなど耐久向けの技も多いですからね、禁伝相手に素早さ90というのはちとあれですけど…
それにHPが変わらない=低いままというのが厳しいところ、素早さをうまいこと調整することで動きやすくなればいいんじゃあないかなと思います。

スピードフォルムは素早さがすごく高い以外はなんかいい具合にバランスよく振られてますね、いうならキングドラみたいな感じ、キングドラと比べるとHPの低さが目立ちますが。
悪く言えば突出点がないですけど、他の追随を許さぬ素早さで場を整えたり逆に荒らしたりということはできるかもですね。

各フォルムで覚えられる技が若干変わりますがロトムよろしくフォルムを変えると覚えてた技が変わるということもないのでアタックフォルムにミラコカウンターを覚えさせたりということも問題なしですね。

映画では地球に墜落した仲間を探しに来てレックウザに襲われるというこれまたなんとも不憫なポジション、意思疎通ができないデオキシスが悪いのか相手の話を聞かないレックウザが悪いのか…
まだスピードフォルムが登場する前の映画なので基本はノーマル、戦うときはアタックとディフェンスという感じでフォルムチェンジしてましたね。

アニメだとヒナタが登場したポケモンレンジャーの回で登場してましたか、ポケモンレンジャーって割とアニメとかでもプッシュしてたのに続編出なくなっちゃったな、どうしたんだろう?

オゾン層に住んでるレックウザとは何かと縁が深いですね、映画では直接やり合ってましたしORASでもメガレックウザと直接対決、超ダンでは2体で協力して主人公たちに力を貸してくれました。

一応幻のポケモンとしてはフォルムチェンジした個体を別々に保管することができるめずらしい存在ですね、他の例としてはケルディオが相当しますかね?
わざわざポケモンバンクに全フォルム揃えたいがためにOR周回してデオキシス集めましたよ、その点についてはロム出現してくれるようになったことには感謝ですね。

あれ待てよ、ケルディオも両フォルムポケモンバンクに保存できるのか…?しまったな最近友人に保管してたもう1体のケルディオあげちゃったな…まあいいか、また配布してくれるっしょ。