でふぉしすNo.352、カクレオンちゃんです。

352

wikiページ

田舎者のなまりDJ。

音楽が好きでDJとして活動している、しかし地方の出身らしく口調になまりがあったり好きな曲がカントリー調だったりするもんで客からはいまいちノリにくいという意見も。
ただ本人だけはなぜかつもノリノリだし演奏中はヘッドホンをしているので客の声とかお構いなし、というか普段からあまり人の話を聞かない。
また、装飾の一部が暗闇で光る加工をしてあるようで暗いクラブとかだと怪しく光りながら登場するので会場がどよめく。

カクレオンの顔の模様がヘッドホンになってDJになった子です、頭の装飾がヘッドホンになるのは彼女以外にもちらほらいますけどDJになったのはこの子だけですね。
田舎者という設定は色味と服の感じから、DJとかよく知らないけどカントリー曲ってあまり流れないですよねえ?

第3世代発売前の初期から存在が公表されてたポケモンの一体ですね、ドキドキかくれんぼでもおなじみです。
アニメでも無印のころから登場してました、第3世代のポケモンとしては一番早い登場だったようですね。

原作では特性へんしょくによって攻撃を受けるとそのタイプに変化するという唯一無二の個性を持ってました、というかタイプが変動するってだけで当時はかなり画期的だった。
ただタイプが変わるということは一致技が変わってしまうということもあり攻撃技を仕込みにくいポケモンでもありましたね、特に自分の意志で好きなタイプになるわけでもなかったので…

第7世代になるとゲッコウガのおこぼれでへんげんじざいをもらうことができたので自分の意志でタイプを変えることができるようになりました。
ゲッコウガと比べると変化技が多いので相手の動きに合わせて妨害しつつタイプ変化という奇妙な動きができます、一方で素早さは低いのでゲッコウガみたいに先手を取ってへんげんじざい…というわけにはいかないのが欠点ですね。

普段の弱点は格闘タイプですがかげうち、ふいうち、フェイントなどを使うことで弱点を透かすことは可能、更に回復技も使えるので戦い方さえ考えればいろんな動きができます。
特防が高いので特殊受けとして受け出ししてもいいですし攻撃力が少し高めなのでゲッコウガほどではないですけど各色一致アタッカーみたいにつかうこともまあできます。

ただまあカクレオンが本領を発揮するのは原作ゲームではなくポケダンシリーズですよね。

不思議のダンジョンシリーズ恒例の店主キャラとして登場するカクレオン、ダンジョン内でもよく商品を売ってますけどお金を払わずに逃げるとすごい勢いで襲い掛かってきます。
というかまず素早さが主人公たちの2倍とかアホほど仲間呼んで取り囲んでくるとか攻撃力がその辺のボスよりも高いとか、不思議のダンジョンシリーズの恒例とは言えまさかカクレオンにそれをやられるとは当時思いませんでしたね…

しかもシリーズによってはダンジョンでのみ仲間を増やすことができるもんで…カクレオンを仲間にするにはわざわざ泥棒したうえで襲い掛かってくる数々のカクレオンを返り討ちにしつつ低い確率で仲間になるのを待たないといけないという苦行。
その上仲間にしたとたん他のカクレオンに襲われるということもあるのでほんときつい、ていうか仲間にできたためしがない。

原作のテクニカルなイメージとはかけ離れた暴走っぷりは潔いもんです、原作でももっと強ければよかったのに。

とはいえへんげんじざいとかいうめちゃつよ特性もらったので文句は言えませんけどね、トリル化ならゲッコウガみたいに使えないかな?
攻撃技があまり火力が高くないのがいまいちですか、やっぱり変化技や先制技でちみちみ行くのがセオリーっぽいですね。

ホウエンだと固定シンボルなのでフワンテとかラプラスみたいな存在でもありますけど、普通にくさむらでも出てきますし倒したりすると復活しないので、どちらかというとビリリダマとかタマゲタケに近い存在かもですね、ORASでハルカがデボンスコープつけるモーションはかわいいです。