でふぉしすNo.249、ルギアさんです。

249

wikiページ

バブリーダンシンお姉さん。

いつもテンションが高く、音楽さえあればどこででも踊ってしまうバブルの香りがするお姉さん。
どこででも踊れるように仮面とジュリ扇は常備しているし、スパンコールドレスも肌着のように着こなしている。
常にうるさいが一応場をわきまえることくらいはできるらしい、ただ場をわきまえるくらいなら行かないというスタンス。

なぜかバブリーになったルギアさん、平野ノラが流行るずっと前からバブリーですよ。
なんでこうなったかよく覚えてないなあ、たぶん首にかけてるやつから連想したんだったと思いますけど…それにしても無理やりですよね。
まあその分キャラは立ってるからいいですけど…ルギアっぽくは全くないですね~。

せんすいポケモンだったり海に潜んでたりする癖に水タイプでもドラゴンタイプでもないルギア、エスパー飛行って初見でわかる人はいないのでは。
ちゃっかりドロポンも覚えますしね、相方のホウオウは炎タイプですし…やっぱり水タイプの予定だったんじゃないの?
伝説のポケモンが電気4倍なのが嫌とかそんな理由でエスパーになった疑惑すらありますよ。

ていうかエスパータイプのくせに自力でサイコキネシスすら覚えないというのもどうなんですかね。
飛行のイメージのほうが強いのかもしれないですけども…やっぱりエスパーらしくないなあ。

映画でも主役張ってましたね、ちゃっかりしゃべってましたし…その部分に関してはエスパーでよかったと思います。
「命をかけてかかってこい」という嘘予告が印象的ですね…映画では一言も言ってないシリーズ。
ポケモンの映画はとりあえずサトシが「ピカチュウー!!!!」って叫んでる予告が多かったですけど最近は減りましたかね?
逆に「ピカピー!!!!」ってパターンもあったようななかったような…

「命をかけてかかってこい」ってセリフ自体は映画では出て来てませんでしたけどポケダンでまさかの復活を果たした時はすごいびっくりしました。
初代ポケダンですね、他の記憶はあいまいですけどルギアのセリフだけは忘れませんよ。

バトルの方面ではよく見ると耐久向けという意外な種族値をしてます。
その上かくれ特性がマルチスケイルでそれでいてはねやすめができるのでガチ要塞と化すこともできるんでしょうかね?
そもそも禁伝については詳しくないってのもありますけど、特にルギアはバトルで使われてる印象が薄くて。

やっぱり禁伝で耐久型ってのはあまり流行らないんでしょうかねー、アホみたいな突破力やごり押しパワーが禁伝の魅力みたいなところもありますから。
アルセウスみたいなやけくそ種族値みたいなのもいますし、よく知ってる時代だとほんとアタックデオキシスとスカーフカイオーガがぶいぶい言わせてたそんなイメージばかりですよ。

あとはゲンシグラカイとメガレックが並んでるやつとかね…最近だとメガシンカできるのも増えたので更に種族値の暴力に磨きがかかったというか…
ディアンシーとかもメガシンカできますけど…パッケージ伝説と比べると使いにくいんでしょうかね。

個人的には禁伝ありのPT組むならフーパあたりを使ってみたいものです、できれば戒めフーパのほう。
能力こそ下がりますけどなんか…愛嬌がありますからね!
あとはメロエッタとかかな…ミュウは技マシン全部覚えられるって言いますけど固有の技がないからいまいち使いづらそうなイメージ。

ああでもついに専用Zワザはもらえたんでしたね!火力のあるサイコフィールドか…なかなか強そうな。
でもサイコフィールド張りたければもっと火力あるカプ・テテフがいるという始末、ミュウはテテフより若干堅いのと技の器用さでどうにかしましょう。

そもそも厳選したミュウがいないから育成もくそもないな…