でふぉしすNo.222、サニーゴちゃんです。

222
 
wikiページ 

カチコチド緊張娘。

ものすごいあがり症でタイマンで会話するのでも緊張して舌たらずになるほど、その割によく人前に出される。
というのもその緊張している姿がかわいいと評判で何かとイベントに駆り出されているようで、本人からしたらたまったもんじゃない様子。
一人でいる時だけは結構大胆にのびのびと羽を伸ばしているらしいのだがそれを確認できる人がいないのでいまいち信じてもらえない。

ウリムーイノムーときてサニーゴです…この並びいまいち覚えにくくてどうしてもイノムーの次はデリバードなんじゃないかと思ってしまいます。
こおりのぬけみちならそのままデリバードにつなげてくれればいいのに…なぜ間にサニーゴとテッポオクタンを挟む?ていうかテッポウオオクタンときたらマンタインと行きたいのに今度は間にデリバードが挟まってくる…

まあ実際この辺りはデリバードマンタインエアームドの飛行タイプ連と覚えれば何とかなるんですけどね、それにしてもマグカルゴからウリムーの流れは少々覚えづらいですけど。

緊張してカチコチになるという設定の子ですけどもね、これはポケスタとかバトレボとかXY以降のポケモンとかにおいて、サニーゴが体の部分を動かさないことから来てる特徴だったりします。
そもそも3Dポケモンバトルにおいて全くパーツが動かないのは多分サニーゴとヌケニンだけじゃあないんですかね?ヌケニンはともかくサニーゴは手や足っぽいパーツがあるのにも関わらず全く動きませんからねえ。

やっぱり珊瑚だからかったいんですかね、体。
だとしてもイシツブテとかダンゴロみたいな岩の塊だってパーツ自体は動いてるんですけどねえ…?不思議だね。
アニメではある程度手とか動いてた気がしますけどね~、まあアニメとゲームで差異があるのはいつものことですけど。

SMにおいては天敵といえるヒドイデ一族が登場しましたね、まさかサニーゴが捕食されようとは思わなんだ…
現実でもオニヒトデはサンゴ礁を食い荒らす害獣として有名ですけどもね、初代以来に登場したヒトデポケモンがまさかのサニーゴ食いとはね…驚いた。

しかも捕獲方法がサニーゴの仲間呼びで登場だけということで、情報なしで捕獲するのも難しいというね。
まあ…オレはもしやと思ってサニーゴいじめてたらすっ飛んできておったまげたわけですけども、はい。
しかも呼び出したサニーゴに対して噛み付くを繰り出すド外道ですからねえ…まさにひとでなしポケモンですよ。
XYのハブザンを思い出しますね…あとクイタランとアイアントもですか。

サニーゴは今まで進化も何もないポケモンですね、メガシンカもなければ専用技もない…性能や境遇だけ見ると地味なポケモンですね。
ステータスもあまりいいものではなかったのですけども、SMにおいて耐久面がアップ、HP防御特防と全体的にステータスが上がったので多少場持ちするように…なったかな?

さいせいりょくやじこさいせいもあるので引き際さえわきまえればある程度は生き残れるんですかねえ…?
ただまあ火力面は不安の一言なのでどちらかというとはりきりを採用してる方が多い気もします。

そこそこ使えそうな技は持ってますからね、アクアブレイクやもろはのずつきなんて優秀なのもありますし…襷と相性のいいふいうちとじたばた、あとがむしゃらもありましたか。
ミラコやつららばり、だいばくはつもあるので有利な相手を見極めれば活躍はできそうです。
ただまあ素早さは低いのでその辺はサポートするなりなんなりしてあげるべきでしょうかね。